かわいいと、変と、新しいをまぜると、れもんになる。

Koizumi chronicle

2017

アートディレクション 千原徹也( れもんらいふ)
プロデューサー 木谷徹( ビクター)
イラストレーション
れもんらいふ一同、エドツワキ、たなかみさき
執筆 松永良平
監修・編集 伊藤総研
編集 宮原未来、渡辺克己
デザイン 小嶋美加( れもんらいふ)


小泉今日子35周年 コンプリートシングルベスト

2017年5月17日に発売された、デビュー35周年を迎えた小泉今日子さんのコンプリートシングルベストアルバム『コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~』のアートディレクションとデザインを担当。1982年のデビュー曲「私の16才」から、最新シングル「T路地」に至るまで各時代のすべてのシングルを完全網羅したシングルベストの決定版。
B0×7×上下2段の駅張り広告、15段の新聞広告の他、特典のマグカップ、トートバッグなども、ひとつひとつこだわってデザインした。

初回限定版プレミアムBOX

初回限定プレミアム盤BOXのデザイン。 タイポグラフィと、さまざまなタッチの小泉さんの似顔絵で構成した、シンプルながらもお茶目さがこぼれ出るデザイン。
BOXの中には、小泉今日子の音楽史を紐解く壮大なシングルメイキング本「コイズミシングル~小泉今日子と50のシングル物語」、 アナログ、8cnCD、12cmCD配信シングルの全ジャケット、さらに初回限定版、特典物など貴重なパッケージのアートワークによる「コイズミ図録」の2冊と、 全50曲が収録された3枚組CDが入った初回版スペシャルCDケースが入っており、かなり充実した内容となっている。 初回限定版にのみ、れもんらいふがデザインしたオリジナルグッズのトートバッグ、マグカップが当たる応募シリアルが封入されている。

書籍「コイズミシングル~小泉今日子と50のシングル物語」

小泉今日子の音楽史を紐解く壮大なシングルメイキング本、「コイズミシングル~小泉今日子と50のシングル物語」のデザイン。 小泉今日子の全シングル制作に携わった作詞、作曲、編曲家、ディレクター、エンジニア、プロモーターなど クリエイター&スタッフへの総力取材による、小泉今日子の音楽紙を紐解くシングルメイキング本。 あの名曲たちはいつどのようにして生まれたのか。約70名の証言者による貴重な証言によって構成される楽曲誕生秘話と、35年間に及ぶ壮大な「小泉今日子物語」。 執筆は松永良平氏、編集は伊藤総研氏。小泉今日子の音楽史を描く事により、35年間の日本の音楽業界の歴史がわかる一冊となっている。 全シングルの物語、著名な三名による一曲ずつのレビュー、小泉今日子のディスコグラフィー等、全368ページを、1ページ1ページこだわり、丁寧にデザインした。

ビジュアルブック「コイズミ図録」
ビジュアページ
三枚組全50曲収録スペシャルCD /外面
内面・盤面
通常盤ジャケット

通常版ジャケットと、全50曲が収録された3枚組CDの全歌詞が載ったブックレットのデザイン。 盤面は初回限定版と同じものだが、実は通常版のインレイの似顔絵とデザインがリンクしている仕組み。

B0×7×上下2段 駅張り広告

5月15日から21日まで渋谷駅構内に張り出された、B0×14連の交通広告のデザイン。 こだわりの要素をふんだんに使い、白地に黒のみのかなり目をひくデザインに仕上がった。

5月17日の発売日当日に読売新聞の朝刊に掲載された15段の新聞広告。 50曲のタイトルのタイポグラフィやイラストを組んだ、目を引くデザインになった。